7月 21, 2013

バラが咲いた

7月 21, 2013 0
ジョージ朝倉のマンガが大好きです。

なんていうんだろう、うまく帳尻をあわせられなくて、予定調和で終わらせられなくて、衝動のままに生み出されてる作品が多いような気がして、読んでても胸がざわざわして、平静じゃいられなくなってくる。



この作品はデビュー作を含む初期短篇集。タイトル作品は奔放な女の子にさんざん振り回されたあげく、絶望して青いバラになってしまう優等生の男の子のお話。

7月 19, 2013

箱入り息子の恋

7月 19, 2013 0



不器用なふたりの恋の物語。

テアトル新宿は、場内、号泣の嵐でした。
となりが中年男のお一人様だったんだけど、
この人がまたずっと号泣しっぱなしで。
そして自分も不覚にも、つられてしまい。

でも これだけ泣ける映画は久しぶり。
必見ですよ。ホントです。

 「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」って言ったのは早川義夫だけれど、
 この映画は「かっこ悪いってことはなんてかっこいいんだろう」って感じ。

大切な人のためなら、どんなにみっともなくたっていい。どんなに傷ついたって、失くしてしまうよりはまし。ボロボロになっても、絶対あきらめない。星野源、大熱演です。夏帆のはかなくて透明な美しさも、奇跡のようだったよ。



 しかし、吉牛で涙するとは思わなかったなあ。。。

吉野家のシーンは2回あるんだけど、どちらもほんとによかった。
ささやかだけどやっと手に入れた、二人だけの大切な一瞬。
そしてそれを失くしてしまったときの、とりかえしのつかない悲しみ。
この2つのシーンをつなぐのが、つゆだくの牛丼。
こう書くとギャグみたいだけど、でも本当につらいことって、
そういうふとした時に襲いかかってきて、心をずたずたにしてしまう。
そういうものだよねえ。

この二人が、街のどこかでひっそりと幸せに生きていってくれたらいいなあ。

7月 14, 2013

スーザンを探して

7月 14, 2013 0
「マドンナのスーザンを探して」。

原題は「Desperately Seeking Susan」。奔放に生きるマドンナと、マドンナの生き方に触発されてだんだん自由になっていく主婦役のロザンナ・アークエット。



1985年、マドンナが大ブレイクしたころで、これもいわゆるMTVムービーの一つで、「イントゥー・ザ・グルーブ」のクリップはそのまま映画の紹介にもなってました。

マドンナもロザンナもすごく魅力的で、ワクワクと楽しめる映画。とくに平凡な主婦だったロザンナの変身ぶりが見モノです。


このころのロザンナ・アークエットはキレイだった。。。

同年に「アフター・アワーズ」、2年前が「ベイビー・イッツ・ユー」、そして88年にはあの「グラン・ブルー」。




その後は段々汚れ役が増えてきたような。。。2011年の「ディバイド」では、ずいぶんひどい役をやらされて、往年のファンとしては複雑な思いでした。

 
◄Design by Pocket, BlogBulk Blogger Templates . Distributed by Deluxe Templates