10月 03, 2012

いつかまた、巡りあうために

10月 03, 2012 0
「もう一度、初めからやり直させてくれ。
今、君と初めて会ったつもりで、おれは君と、恋愛がしたい」

ああなんという切ない、血を吐くような告白でしょう。
この直前に「結婚しても、子どもができても、人間はオトナになる訳じゃない」というセリフもあるんだけれど、男も女も、一生、大人気なく恋していたい。そういう気持ちは、ずっと心のどこかにあるんだよね。

「金妻」再読中。ご存知、80年代に大ヒットしたTBS金曜ドラマの原作。3シリーズ(文庫ではそれぞれ上下巻)あって、今回読んだのは第2シーズンで、テレビでは妻たちが高橋恵子、篠ひろ子、岡江久美子、田中好子。男たちが伊武雅刀、小西博之、板東英二、竜雷太。このメンバーで4組の夫婦を演じていました。

中央林間の新興住宅地。白い壁の建売住宅に越してくる4家族。みな30、40歳代でいい齢なんだけど、それぞれ忘れられない人がいたり、新しい恋愛を始めたり、再婚したのに元ツマとこっそり会ってばかりとか、まったくもって落ち着かない。自分の気持ちを持て余して、でも大人としての自分になんとか折り合いをつけようとして、全然うまくいかなくて、あがいてばかりいる。

全然ライトでもサラッとしてもいない、ウェットな心理描写が、妙に共感を感じる。ヒットするわけだよね。いま読んでも、まったく古さを感じない。


 テレビ版での主題歌が、この「パラダイス〜愛のテーマ」です。ラバーボーイのマイク・レノとハートのアン・ウィルソンという、ニ大ロックボーカリストのデュエット。




ちなみに、第3シーズンの主題歌が、「恋に落ちて(小林明子)です。

9月 30, 2012

センチメンタルなストーンズ

9月 30, 2012 0
まるで魔法のようなロックンロールのマスターピース「ブラウン・シュガー」で幕を開ける「Sticky Fingers」。男性の下半身を強調したジャケットで、発表当時はすっかりスキャンダラスな扱いを受けていたことを覚えている。

しかしストーンズのどの作品と比べても、このアルバムに収められた曲たちの切なさ、美しさは尋常ではない。SWAY、デッド・フラワーズ、I GOT the BLUES。

中でもとびきりリリカルな「ワイルド・ホースィズ」を聴いている。
ちょっとタイトルを思い出せないんだけど、数年前にも再映されていたドキュメンタリーフィルムからのクリップだと思う。


9月 27, 2012

「ロック・オブ・エイジズ」見てきましたよ~。

9月 27, 2012 0
「ロック・オブ・エイジズ」見てきましたよ~。




 


いやあ最高。この超豪華なB級感、たまりません。

80年代洋楽どっぷりだった方には、もう熱狂的に楽しめるんじゃないでしょうか。ジャーニー、フォリナー、パット・ベネター、ホワイトスネイク、デフ・レパード、ボン・ジョビ、ガンズ・アンド・ローゼス。

もうね、はっきり言って私、知らない曲ないですよ。全部歌えますよ。それくらい鉄板の名曲ぞろい。

とくにトム・クルーズがすごい。長髪&全身タトゥーで工業ロックを熱唱する。他の役者の歌もダンスもすごいけど、トムのオーラはずば抜けている。MIなんかほっといて、この映画をライフワークにしたらいいじゃん、というくらいのハマリ役。 

ストーリーはね、もうマンガです。ライブハウスにカリスマロッカー。ステージを夢見る男女の出会いと恋。誤解と別れ。そして元サヤ。もう、何も迷わずに感情移入できます。

最初はちょっと、「いや、ロックでミュージカルって、やっぱちょっと無理だったんでは」と妙に気恥ずかしい感じがあったんですが。振り付けも変だし。途中から、もう楽しくて、どうでも良くなりました。


仲間みんなで大騒ぎして見たい映画です。 きっとまた見に行くような気がします。今年一番かもしれない。
 
◄Design by Pocket, BlogBulk Blogger Templates . Distributed by Deluxe Templates