6月 30, 2010

Oh, shucks!

6月 30, 2010 0
まだまだ続きます、いしにえのディスコねた。

本日は必殺のセクシーボイス、レイ・パーカー・ジュニア。
「ジ・アザー・ウーマン」!



おーいぇ。おーいぇ。
(こればっかし)

[ Ray Parker-- The Other Woman 歌詞と訳詞 ]
Oh yeah
I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind

あの娘と恋に落ちたんだ
平和な毎日だったのに
あの娘のせいで波乱万丈

Aw shucks, I'm just the average guy
I fooled around a little on the side
Never thought it would amount too much
Never met a girl who's love was so tough
Who'd a thought a one night stand
Could turn into such a hot romance
Mm, when she did it to me
I slipped and fell in love

参った
情けないオレ
アホみたいにうろうろするばかり
こんなに高くつくなんて
こんなにタフな娘だなんて
一夜の恋がこんなに熱くなるなんて
だれにもわかりゃしなかった
あの娘のしぐさひとつで
オレは恋に真っ逆さま

[ワンポイント]
Oh, shucks!
(失敗した時などに)しまったあ! って感じだそうです。

色っぽい女の子のたまらない誘惑。
だ~れも勝てません、男なら。

レイ・パーカー・ジュニア。
元々はギタリストだったみたいで、なんとラブ・アンリミテッド・オーケストラとか、ルーファス、スティービー・ワンダーなんかのバックをやっていたみたい。

80年代になってシンガー、作曲家&ギタリストとして大ブレイク。全米第一位「ウーマン・ニーズ・ラブ」、「ゴースト・バスターズ」。ソロの前はレィディオっていうバンドにいて、「You Can Change That」なんかをヒットさせてました。

いかにも~な女たらし風ルックス。ヒゲも似合って。ボーカルはハスキーで、セクシー。
それでいて、ギターはけっこうロック。

もてたんだろうなあ。天は二物も三物も一物も(!)与えるんでしょう。うらやましい限りです。


↓公式サイト
http://www.rayparkerjr.com/
えーーー! なにか、全然別人。

6月 24, 2010

おしゃれフリーク

6月 24, 2010 0
いにしえのディスコねたが続いております。
今回は、シックの「おしゃれフリーク」!



いぇー。おーいぇー。

[ Le Freak/Chic (おしゃれフリーク/シック) 歌詞と訳詞 ]

Aaahh Freak out!Le Freak, C'est Chic
Freak out!
Aaahh Freak out!Le Freak, C'est Chic
Freak out!

Have you heard about the new dance craze
Listen to us, I'm sure you'll be amazed
Big fun to be had by everyone
It's up to you, It surely can be done
Young and old are doing it, I'm told
Just one try, and you too will be sold
It's called Le Freak! They're doing it night and day
Allow us, we'll show you the way

知ってる? 知ってる? 最新のダンス・クレイズ
聞いてよ 聞いてよ きっと腰抜かすから
みんな、きっと夢中になる
絶対ノレる あなたもきっと
トシなんてカンケーない
試してみたら 一発でOK
その名もフリーク! 
夜も昼もカンケーなくて ただ踊り続けるの
おいでよ ステップ、教えてあげる
さて、このナンバー、「おしゃれフリーク(Le Freak)」がブレイクしたのは1978年。
全米ナンバーワンでございました。

このイントロは忘れられないな~。
絶みょ~にウラをぬって刻みまくるナイル・ロジャースのギター。
ル~ズにはねるバーナード・エドワーズのベースリフ。
タンタンタタタン、強烈に腰をキックするトニー・トンプソンのドラムス。
「Aaahh Freak out!」「Le Freak, 」ほとんどこれだけしか覚えていない、女性ボーカル。

あ~、当時なんと18歳。青春だあ。
伊勢佐木町のパブや、横須賀の基地のディスコで、ものすごいヘビーローテーションだったことを覚えております。
(あと、かふぇばー、とか。。)


メンバーのその後の活躍はすごかったです。
「レッツ・ダンス(ボウイ)」や「ライク・ア・バージン(マドンナ)」などのプロデュース。
その他にもキラ星のようなヒットを世に量産。
トニー・トンプソンも、パワー・ステーションでバリバリいわせてました。
(この人の場合、ぶりぶりでなくて、ぜったいバリバリ。爆発音)

とっても残念ながら、エドワーズは1996年、トニーは2003年、惜しまれながらこの世を去っています。

Rest in Peace. 天国でも、バリバリいわせてくださいね。

6月 23, 2010

ヒョウ柄とギターと家具職人

6月 23, 2010 0
哀しきアルド・ノバ」ってエントリーを書いたときに、「こんなにヒョウ柄が似合う人はいない」って書いたんだけど、僕が知ってる日本のロッカーの中で、ヒョウ柄が最高に似合うのは、この人です。

鶴川仁美。

福岡出身のバンド「ザ・ロッカーズ」。陣内孝則がボーカルだったことで知られ、ルースターズやモッズとともに「めんたいロック」の一陣を担ったバンド。2003年には、玉木宏や佐藤隆太の出演で、その歴史が映画化されています。

鶴川さんは「ザ・ロッカーズ」のギタリストでした。
金髪、メイク、細身、ヒョウ柄、皮パン。
伊達男ぞろいのロッカーズの中でも、一線を画す凛としたルックス。
美しい人でした。


そういえばどうしてるのかなー、と調べたら、今でもバリバリの現役のようです。
容色衰えず。でも年齢相応に落ち着いた雰囲気になって。嬉しい限り。
ジョニー・サンダースとか、やってるみたいです。


今では「another side」として、家具職人もやられている…。
創作の話や、ギターの話題でいっぱいのブログはこちらです。
http://tsurukawah.exblog.jp/
ちょっと、夢中で読み込んじゃいました。

ずっと、カッコいい人でいて欲しいです。
今度ちょっと、「爆裂都市」についても、書きます。

6月 22, 2010

君の瞳に恋してる

6月 22, 2010 0
80年代ディスコといえば、この歌も外せない。
ボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる」!



…といっても、この人たちもこの曲しか知らないのですが。
え、こんな3人組だったっけ。しかも男ふたりの役割はなに????
ともあれ、いい曲です。

[CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU(君の瞳に恋してる) / BOYS TOWN GANG 歌詞と訳詞]

You're just too good to be true
can't take my eyes off of you
you'd be like heaven to touch
oh, I want to hold you so much
At long last love has arrived
and I thank God I'm alive
you're just too good to be true
I can't take my eyes off of you
素晴らしすぎるあなたの輝き
もう目が離せない
あなたに触れると天にも昇る気持ち
抱きしめたいの 力いっぱい
やっとのことで 手に入れたこの恋
生きててよかった 神様に感謝
素晴らしすぎるあなたの輝き
もう目が離せない

[ワンポイント]
at long last
at last(ついに)の強調かな。
いろいろ大変な時期を乗り越えて、ついに! という感じのようです。

この曲、ものすごくいろんな人がカバーしてるのですね。
元々はフランキー・バリ。そしてこのボーイズ・タウン・ギャング。
その他にもペット・ショップ・ボーイズ、シーナ・イーストン、マニック・ストリート・プリーチャーズ(!)、バリー・マニロウ、パーシー・フェイス(この辺は納得)、その他女優のよなどなど。

日本でも、ZARD、小比類巻かほる、少女隊(懐かしい)Tommy Feburuary6、椎名林檎(!)、キンキ・キッズ(!!)、横山剣(!!!)、ハローキティ(!!!!)

もうなんだかわかりません。
でもいい曲ですよ。まちがいない。。。

※いろんなバージョンを見てみたのですが、これは別格。

TRICERATOPS のカバーです。

6月 17, 2010

SOS

6月 17, 2010 0
SOSバンドです!
と、言っても、この曲しか知らないのですが…。





何をかくそう、今をさること●十年前。
大学の学祭でこの曲を演奏しました。

僕はシンセベース担当。
ローランドのモノラルシンセにギターのストラップをつけ、肩からぶら下げて。もちろん、ストラップピンなんてシンセについてるわけないので、直接ドリルで穴をあけて金具をねじ込むという極悪非道ぶり。踊りながらシンベパートをプレイしたのでした。半分泥酔状態(破綻表現)で。

いやあ、盛り上がった。みんな歌舞伎町のニューヨーク・ニューヨークとかカンタベリー・ハウスと勘違いしたかのように、サーファーノリで踊り狂っていました。

まあ、すべては若いころの過ちということで…。

そしてたったいま、実は初めて歌詞を見ました。
…なんと、いまの自分にぴったりな…。

時空を超えて、SOSバンドに励まされているという状況は、なかなかぐっとくるものがあります。

[TAKE YOUR TIME/SOS BAND 歌詞と訳詞]

You know you ought to slow down
You been working too hard
And that's a fact
Sit back and relax a while
Take some time to laugh and smile
Lay your heavy load down
So we can stop and kick back
It seems we never take the time to do
All the things we want to, yeah

のんびりいこうよ
働きすぎだよ
ほんとだよ
ちょっとすわってリラックス
ちょっと笑えるヒマも あってもいいじゃん

重たい荷物を下ろして
ちょっと止まってリラックス
そんなに頑張りすぎないで
僕らがホントにしたいのは、なに?

6月 10, 2010

哀しきアルド・ノバ

6月 10, 2010 0
こんなにヒョウ柄が似合うロッカーはめったにいない。
カナダの(産業)ロックンローラー、アルド・ノバ。



1981年デビュー。ファーストシングルの「Fantasy」が激売れ、ビルボードで23位を記録。

大好きだったなー。
曲はいいし、アレンジもビシバシ。ギターソロもリフづくりも最高だし、ボーカルは切ない。アクションもカッコいい。
ルックスもね、ちょっと小柄だけど、スリムだしイケメンだし。
産業ロックのマスターピースのような人。
なんで売れなかったかなー。

2枚目、3枚目も、私は非常にツボだったのですが、なぜかずっとパッとせず。
でも、持ち前のコンポージング能力を活かして、スタジオミュージシャンおよび作曲家の道に進んだようです。
マイケル・ボルトン、ブルー・オイスター・カルト、リタ・フォード(なつかしい…)や初期のボン・ジョビと仕事をしたり、ジョン・ボン・ジョビのソロやセリーヌ・ディオンにもたくさんの曲を提供。「Aldo Nova」で検索すると、ソロ・キャリアよりコンポージングの方が引っ掛かりが多いほど。

でも、ファンとしては、またフロントラインに立ってほしい。

むかしシンディ・ローパーの武道館公演を観に行ったとき、ツアーギタリストとして現れて、びっくりした。しかしすっかり激太りしたカントリーマンになっていて、「これじゃ、スティービーレイボーンじゃん…」と、ものすごくがっかりしたことを覚えています。

ダイエットしてね。

[Aldo Nova Fantasy 歌詞と訳詞]
Summer breeze makes you feel alright
Neon lights shining brightly make your brain ignite
See the girls with the dresses so tight
Give you love if the price is right
Black or white
In the streets there's no wrong and no right
so forget all that you see
It's not reality
It's just a fantasy

夏の風に吹かれて すっかりいい気分
まばゆいネオン・ライトがアタマを爆発させる
タイトなドレスでキメたあの娘
値段交渉妥結なら、即メイクラブ

ブラック & ホワイト
ストリートじゃ何でもあり
何もかも忘れて
何もリアルじゃない
これはただのファンタジー

6月 08, 2010

ゴーゴーヘブン

6月 08, 2010 0
「ゴーゴーへブン、ど~こまでも行こ~!」
いや、そっち(SPEED) じゃなくて。

めくるめく才能で彗星のように80年代を駆け抜けた
稀代のロックンロールスター、
「大沢誉志幸」!!



ゴーゴーヘブン
いいかよく聞け 表通りで お前は確かに女神(ビーナス)
だけどひとつはいった路地では 笑われてるんだぜ
I just wanna go go go
I just wanna go go go go go

悪魔のような天使に抱かれ 崖っぷちの rally kiss
恋につまづけば泣いてすがられ
夢を見るまもありゃしないぜ

無数の愛に囲まれても 心はひとりきり
本当の自分を見ないですめば それでいいのかもな
I just wanna go go go
I just wanna go go go go go

イイね! 
まさにパラダイス。
「やっちまったね!」って感じ。

作詞は銀色夏生。
アニメ「シティハンター」の主題歌でした。

この番組、他にもすごいメンツが曲を提供してます。

ワッツ・ゴーイン・オン (小比類巻かほる)
アース~木の上の方舟 (PSY・S)
スーパー・ガール (岡村靖幸)
スティール・ラヴ・ハー ~失われた風景~ (TM NETWORK)
シティー・ハンター ~愛よ消えないで~ (小比類かほる)
ミスター・プライヴェート・アイ (大滝裕子)
終りのない傾き (大沢誉志幸)
セイラ (FENCE OF DEFENSE)
ギヴ・ミー・ユア・ラヴ・トゥナイト (鈴木聖美)
ゲット・ワイルド (TM NETWORK)


いやあ、豪華。

6月 07, 2010

今日借りた本

6月 07, 2010 0
◇平本清 会社にお金を残さない!-「ノルマなし!管理職なし!給料全公開!」の非常識な経営術
地方のめがね販売会社の非常識? な経営ノウハウ。

◇大槻ケンヂ オーケンの、私は変な映画を観た!!
  ヘンな映画大好きな私としては、共感する部分多し。

◇戸梶圭太 今日の特集
  相変わらずの最下層シリーズ。今回はテレビの制作プロダクションが舞台。

◇宍戸豊 「才能所得」時代-世界がキミの個性を買う仕掛け-
  バンタンの人が書いているみたい。

◇小説新潮 2009-10 2009.10.

◇広瀬洋一 広瀬洋一(THE YELLOW MONKEY)の東京下町うましか洋品店
  イエモンのベースの人です。ぶっとい音でブリブリのラインをうねらせてました。雑誌『音楽と人』に約3年間に渡り連載していたコーナーをまとめたとのこと。

◇室井佑月 ぷちすと
 「ぷちすと」ってなんだろう…って思ったら、「プチ・ストーリー」つまりショートショートだったのですね。
3ページ位で終わる男と女の物語が、88編。この人はほんとに引き出しが多いなー。


◇新堂冬樹 枕女優
 ホスト、キャバクラ、女優。この人も得意技は数限りなく。結局はおんなじような暗黒どろどろモノなんだけど、ついか片っ端から読んでしまう。

◇湯川れい子のロック50年-見た!聞いた!会った!世界のスーパースターたち-

◇古川日出男 ロックンロール七部作
 前から気になっていた一冊。並製で320ページ。

6月 03, 2010

「Need You Now」今すぐ会いたい 

6月 03, 2010 0
Lady Antebellum…「レディ・アンテベルム」?
「Need You Now」。
昨年からよくFMで聞いて、気になっていた曲です。

男女3人組ユニットなのですね。
みなルックスもよく、PVなんか、そのまま映画になりそうな勢い。
てっきり、映画俳優たちがつくったプロジェクトかと思いました。

「Need You Now」。
シンプルだけど、しんみりとしたいい曲です。
普遍的なテーマがあります。
生ギター1本のライブバージョンがあったので、ぜひどうぞ。




[Lady Antebellum- Need You Now 歌詞と訳詞]

Picture perfect memories,
Scattered all around the floor.
Reaching for the phone cause, I can’t fight it any more.
And I wonder if I ever cross your mind.
For me it happens all the time.

部屋中に思い出があふれている
忘れられないことばかりだ
電話に手をのばす もう抗えない
君の心の中に 僕はまだいるのかい
僕はずっと 君のことばかり考えている

It’s a quarter after one, I’m all alone and I need you now.
Said I wouldn’t call but I lost all control and I need you now.
And I don’t know how I can do without, I just need you now.

真夜中の1時15分
僕はたった一人で 君のことを思っている
電話しないなんて言ったけど 
もう無理だ 君に会いたい
君なしで生きていくなんて 
どうしていいかわからない
ただそばにいて欲しいだけなのに

男女で歌ってるのがミソですね。
きっと、ホントはおたがいに同じことを思っている。
たった一歩を踏み出して、もう一度抱き合えるときが
来るといいのに…。

6月 01, 2010

メタル・ハリケーン

6月 01, 2010 0
いえ、そうじゃないんです。
私がYouTubeで検索してたのは
「ルシファー・ライジング」だったんです。ケネスアンガーの。

ちがうんです。こんなものを探していたんじゃないんですよ。
単に、ライジングつながりで、一時の気の迷いだったんです。

なのに…、気がつくと「もう一回見る」ボタンを際限なくクリックしている自分。
お気に入りにも全曲登録し、twitterにもつぶやき、
ついにブログにも、こうしてアップしようとしています。

みなさん、OKですか? 後悔しませんか?
後戻りはできませんよ…。自己責任で、クリックしてくださいね…。

「ゴッド・オブ・ザ・サンダー by オバメタル・ライジング」


I am the GOD おばさんだー
二の腕波打つフライ返し

I am the GOD おばさんだー
大地を揺るがす布団たたき

強力です。特にドラマーの人。
メンバーですが、

水神(45) ベース 建設会社の経理
雷神(43) ドラム&ヴォーカル 公共料金の検針員 独身
風神(40) ギター 主婦

だそうです。。。
他にも「炎のエコロジー」とか


奥さんその油流しちゃダメ
燃やすゴミは最小限
シロクマを守れ
エコバック持ってきたので
レジ袋はいりません

これもキラーチューンかも。

…どうでもいいけど、間奏の時の字幕で
「(ギターソロ)」
ってのだけは、やめて欲しい…。
 
◄Design by Pocket, BlogBulk Blogger Templates . Distributed by Deluxe Templates