11月 14, 2017

エンケンを悼む

11月 14, 2017 0
エンケンが死んでしまった。

エンケンといっても遠藤憲一でもないし(好きなんですけどね)、
昔々のコメディアンでもない(ありゃエノケンか)。

僕らの時代のエンケンと言えば遠藤賢司。
長髪でギターを爪引きながらカレーライスや鼠の歌をぼそぼそと歌い、
「四畳半フォーク」の代表みたいだった人。



何を思ったか、ある日とつぜんアドレナリン全開になって、

「東京ワッショイ」や「不滅の男」など、
まさにトンでもない、
誰も真似のできない名曲を次から次に生み出し、
圧倒的なパワーでパフォーマンスを繰り広げた男。

まあほんとうにトンでもない。
今回改めてYouTubeを見直したのだけど、
こんなに名曲揃いとは。

「笑っていいとも」でお茶の間がロックンロールになった貴重な記録。
生ギター一本でここまでロック・スピリットを感じさせてくれたのは
あと清志郎くらいか。そういえば清志郎も「笑っていいとも」で歌っていたなあ。


70歳でがんで死去。なにか切ない。
もっとこの人の歌を、ライブを、感じておけばよかった。
これからはもう、音源と映像でしか会えないけれど。

友部正人との共演、「夜汽車のブルース」。
本当に名演。もう、言葉もない。

10月 05, 2016

1977年、キャメルのBBCライブ

10月 05, 2016 0


キャメルは一応プログレッシブロックにジャンル分けされていたけれど、難解な変拍子や転調をひけらかすことなく、実にメロディックでスムーズな演奏と美しくセンチメンタルな曲調が持ち味だった。

「叙情派」っていうのかな。「ミラージュ」「スノーグース」「ムーンマッドネス」などはホント名作です。

初期のジェネシスも半分くらいこういう要素があった。ムーディー・ブルースは…あそこまでいくとむしろムード歌謡??



この1977年のBBCライブは黄金期のメンバー。

甘い甘いギタートーンのアンドリューラティマー、どこまでも広がっていくピーターバーデンスのスペイシーなキーボード、さりげないんだけどこういう音楽にはこれしかないだろうな、というリズムを作り出すアンディワードとリチャードシンクレア。さらにあのキングクリムゾンのメルコリンズが管楽器で参加。

ノリノリというわけではないんだけど、しっとりと美しく、ずっと聴いていたい音楽。これからの秋の夜長にはぴったりかも。

今でも現役で頑張ってます。オリジナルメンバーはアンディだけになってしまったようですが。

7月 21, 2013

バラが咲いた

7月 21, 2013 0
ジョージ朝倉のマンガが大好きです。

なんていうんだろう、うまく帳尻をあわせられなくて、予定調和で終わらせられなくて、衝動のままに生み出されてる作品が多いような気がして、読んでても胸がざわざわして、平静じゃいられなくなってくる。



この作品はデビュー作を含む初期短篇集。タイトル作品は奔放な女の子にさんざん振り回されたあげく、絶望して青いバラになってしまう優等生の男の子のお話。

7月 19, 2013

箱入り息子の恋

7月 19, 2013 0



不器用なふたりの恋の物語。

テアトル新宿は、場内、号泣の嵐でした。
となりが中年男のお一人様だったんだけど、
この人がまたずっと号泣しっぱなしで。
そして自分も不覚にも、つられてしまい。

でも これだけ泣ける映画は久しぶり。
必見ですよ。ホントです。

 「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」って言ったのは早川義夫だけれど、
 この映画は「かっこ悪いってことはなんてかっこいいんだろう」って感じ。

大切な人のためなら、どんなにみっともなくたっていい。どんなに傷ついたって、失くしてしまうよりはまし。ボロボロになっても、絶対あきらめない。星野源、大熱演です。夏帆のはかなくて透明な美しさも、奇跡のようだったよ。



 しかし、吉牛で涙するとは思わなかったなあ。。。

吉野家のシーンは2回あるんだけど、どちらもほんとによかった。
ささやかだけどやっと手に入れた、二人だけの大切な一瞬。
そしてそれを失くしてしまったときの、とりかえしのつかない悲しみ。
この2つのシーンをつなぐのが、つゆだくの牛丼。
こう書くとギャグみたいだけど、でも本当につらいことって、
そういうふとした時に襲いかかってきて、心をずたずたにしてしまう。
そういうものだよねえ。

この二人が、街のどこかでひっそりと幸せに生きていってくれたらいいなあ。

1月 31, 2013

「みなさん、さようなら」

1月 31, 2013 0
http://minasan-movie.com/

団地にはなんでもある。
床屋もケーキ屋も、スーパーも食堂も。
友だちも仲間もいる。喧嘩相手も、初恋相手も。

集会所で同窓会もできる。恋も就職もできる。
だから…、ぼくはこの団地から出て行かない。
一生、この団地で生きていく。

…って決意する主人公の度会くん。小学校卒業のときに。
なぜ? …ってもちろん、深いわけがあるんだけれど。



母親も友だちも、そんな彼を暖かく見守る。
隣の女の子や、同級生の美少女との恋もありつつ…、
でも、いつのまにか仲間はみんな、団地を去っていく。
ひとりだけ団地を出ていけない渡会くん。

みんな、行ってしまう。みんな変わってしまう。
「変わってしまうのって、そんなにいいことかな。
 あたしは変わらないのがいいな」
そう言っていた彼女も、いつか大人になって、団地を、自分のもとを去ってしまう。
「あたしはふつうに生きたいの…」 ふつうって変わっていくことなのかな?

団地の外へ続いていく階段を、どうしても降りていけなかった度会くんが
あるとき…。


つらい物語だなあ。
今のところ、なんとなく小器用に生きて行けているのかもしれない自分がいて、
でもそんなのはちょっとした偶然の積み重ねかもしれなくて、
彼のようにうまく生きられない人もたくさんいるけど、それはもしかしたら自分だったかもしれない。
いや、これからの自分かもしれない。
そうなったとき、彼ほど頑張れるだろうか、ひどく疑問だ。

いろんな人がいて、みんなそれぞれ無理をせずに生きていってもいいんだって、
寛容な想いを、お互いがもてるようになれば、少しだけ世の中も楽になるのかもしれないな。


 テーマソングがエレファントカシマシの「Sweet Memory」。
 「生きてるといろんな思い出ができるけど、…」
 
 「思いにつぶされないように、明日もどーんといこうぜ!」
賛成!!


 
◄Design by Pocket, BlogBulk Blogger Templates . Distributed by Deluxe Templates