3月 15, 2010

「ピーストレイン」 キャット・スティーブンス

3月 15, 2010




キャット・スティーブンスを覚えていますか?

70年代に10代を過ごしたご同輩なら、「雨にぬれた朝」という歌をきっと聴いたことがあうことでしょう。リリカルなピアノのイントロに導かれた、とても美しいこの歌を歌っていたのがイギリスのシンガー・ソングライター、キャット・スティーブンス。
もじゃもじゃの髪と髭、やさしい笑顔、いつもオベーションをかき鳴らして、愛にあふれるメッセージソングを歌っていました。今はイスラムに改修して、名前も変え、元気に活動しているようです。

71年に発表されたアルバム、「ティーザー・アンド・ファイアーキャット」。徹底的に猫好きの彼の趣味が現れたジャケット。ヒットソングが満載で、世界中で大ヒットしました。当時中学生だった自分が、何度も何度も聞いていたのが、この「Peace Train」でした。


Peace Train 歌詞と訳詩(管理人による)
Now I've been smiling lately, thinking about the good things to come
And I believe it could be, something good has begun
このところ、うれしくてたまらない
いいことが起こりそうな予感
きっとそうにちがいない
何かいいことがはじまる予感

Oh peace train sounding louder
Glide on the peace train
Come on now peace train
Yes, peace train holy roller
ピーストレインが近づいてくる
さあ飛び乗って
ピーストレインがやってくるんだ
聖なる汽車、ピーストレインが

Now I've been crying lately, thinking about the world as it is
Why must we go on hating, why can't we live in bliss
僕は最近、悲しくてしかたない
世界のいまのありようを、考えれば考えるほど
どうして憎しみあうのだろう
どうして祝福されては
生きていけないの
------------------------------
いつもは繊細すぎるくらい、やさしい歌声を聞かせてくれる彼が、この歌ではとてもラフな、怒りさえ感じさせる、パワフルなパフォーマンスをしています。平和を祈り、諍いを嫌う、シンプルな彼の考え方は、もうすぐ40年たとうとしている今でも、まったく色あせていません。

0 コメント :

コメントを投稿

 
◄Design by Pocket, BlogBulk Blogger Templates . Distributed by Deluxe Templates